オー!マイ・ゴースト
へんな邦題です。駄洒落?
原題は『ゴーストタウン』。N.Y.はゴーストでいっぱい、ということのようです。

グレッグ・キニアが全編タキシードでかっこい。ちょっとゲイリー・シニーズ@CSIにも見えます。

主演の人はなんかで見たような気がするけど忘れました。イギリス人。なんだかとっても色白です。
それを強調するかのように、インド人の同僚やら、日焼けローション大好きのドクターやら
ジョーダン・コリアー@4400やらが出てきます。

タイトルバックでビートルズがかかったあとにイギリス人出すのがナイスだ、とか
N.Y.のアパートメントの窓用エアコンは四角くてかわいい!とか
他人を本人目の前にして平気で馬鹿扱いして笑う感じ悪い主人公、
『結婚できない男』の阿部寛をブサイクにしたようなこれは、アスペルガー設定なのか?とか、
どうせどっちも変人なら、おばさん顔の色白イギリス人歯科医より、
人権派弁護士のジョーダン・コリアーのほうがいいと思う。
あんな、いつも部屋がピシっと片付いてて、犬のにおいも糞もダメな、
エレベーターに他人と乗れない人と一緒には暮らせん!
タダでさえイギリス人は四六時中皮肉言ってるのが普通みたいだし。とか
e0025605_4152137.jpg


などなどは、さておき、

幽霊は自分が未練があるからではなく、
残された人のほうが思いを残しているから成仏できない、ということでした。
(『眠っていて誰かの夢を見るとき、それは自分がその人を想っているからではなく
 相手が自分を想っていて夢に出てくるのだ』というのと似てる?いや、ぜんぜん違うか。)
でもそうだとしたら、残された人もすでに死んじゃってそうな年代物の幽霊はどうなるのだ?まあどうでもいいけど。

ところでヨガ教室の愛人の方には連絡取らなくていいんでしょうか。
[PR]
by caosmx | 2010-09-01 22:10
<< 明日は古紙の日 最近みた映画(またかい >>